So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

チベタンスパニエル 梵 洗いました [梵]

久しぶりに梵ちゃんを洗いました!
胸毛をきちんと乾かしたら完成です。

昨日の洗う前とたいして変わってないじゃん って言わないでね。
激しく違う部分があります!それは…匂いです(笑)



共通テーマ:ペット

チベタンスパニエル 梵 [梵]

オジサンになっても…梵!

5才を過ぎて、大人の貫禄というか、ブサ可愛いに渋みがプラスされて何とも言えない表情です(笑)
ドッグショーも引退し、日中も涼しくなった今はのんびり日光浴が日課となっています。
しかも、ほぼ一日中…。

明日、シャンプーしようね。



共通テーマ:ペット

チベタンスパニエルのフレンドシップ度 [梵]

我が家のチベタンスパニエル達は4匹とも性格が全く異なっております。SARLAとBは完全な同胎、そしてみな同じ父犬ですので、異母兄弟だったりするのですが…。

ここで、4チベ達を一寸紹介♪

梵:去年までは警戒心大!初対面の人NO!触診嫌いだけどショーで走るの大好き!だったらしいのですが、私は嫌がる梵をあまり見たことがありません。大人になったのかも…。フレンドシップ度:並

SARLA:触られるの大好き!初対面の人大好き!ベタベタ〜。すれ違う知らない犬は大嫌い!吠え掛かってやる!(コレは只今私が矯正中です)。フレンドシップ度:?

B:ビビリだけど、ショーなら大好き!触診だってへっちゃら。Abbeyと遊ぶの大好き!フレンドシップ度:高

MJ:直前まで超ビビリだけどリングに入ったら綺麗に走る、しかも堂々と。Abbey大好き!初対面の人は一寸緊張、へっぴり腰。フレンドシップ度:低

対犬と、対人ではフレンドシップ度は異なると思いますが、対犬とが平気な犬は対人でもフレンドリーな傾向が高いのかもしれません。去勢の有無もあるでしょうし…。

ちなみにAbbeyと出会ってからBJ、MJはとても明るくなりました。特にMJは吠え掛かってくる大型犬とすれ違っても知らんぷりすらするようになり、大進歩です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ペット

一方 [梵]

ブルマス達のデカ面で目立っていないようですが
梵ちゃんたら…、後ろの方で(笑)


チベタンスパニエル [梵]

先週の近畿インターには沢山のチベタンスパニエル達が出陳&応援に来ていました。

私達は梵、ブルマスティフのBBを出陳させ、梵はインターチャンピオンが完成され、BBは2枚目のCACIBを頂きました。チベタンスパニエルは梵を含め5頭が出陳。

沢山の出陳があると、3月のクラフト展を思い出します。イギリスは質が高いというか、ショードッグでなくても健全な骨格構成の犬の割合が日本に比べて遙かに高いと思います。ブルマスティフでも、BOBを取った牝は7歳でしたし、チベタンスパニエルもBOBは7歳の牡でした(グループ4も取りました!)。CHです。実は、イギリスと日本では、ショーのシステムが少し違います。各クラス1席を選ぶのは同じですが、この先が一寸違います。日本の場合はチャンピオンチャレンジ犬を選出してから全てのチャンピオン犬(チャンピオンクラス)と戦います。これに対してイギリスでは、オープンクラス(日本で言うチャンピオンクラスとアダルトクラスを合わせたクラス)というのがあり、その中からも1席を選びます。そして、各クラス1席同士の1席(♂ならばベストドッグ、♀ならばベストビッチ)を選び、やっとCCが貰えます。そして次に1席の犬がいたクラスの2席だった犬を加えて、その中からリザーブを選出します。♂、♀、それぞれ行い、最後にベストドッグとベストビッチの対決で、勝った方がBOBとなります。BOBは各犬種1頭だけです。と言うことで、イギリスチャンピオンや、オーバースペシャルBOBと言うのは物凄いことなのです。何年も防衛されていて、ニューチャンピオンが出ない犬種もあるようです。単語は同じでも、重みが違います。そんなCHを私達に譲って下さったイギリスのBill氏に感謝です。Busterをもっともっと大切にしなくてはならないと感じます。

で、梵はもうすぐ4歳になります。何歳まで走り続けられるでしょうか?日本に7歳になってもリンクで走り、グループを取れるチベタンスパニエルは出るのでしょうか…?


※クラフトでBOBを獲得したチベタンスパニエル


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。