So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ブルマスティフ ショードッグへの道 ブログトップ

ドッグショー 超初心者編(その1) [ブルマスティフ ショードッグへの道]

2013年7月13日(火) [晴れ]

灼熱の夏の暑さが続いています。
皆様、暑中お見舞い申し上げます。

日中は、猛暑で犬達を屋外で遊ばせてやれない日々が続いています。
ちょっと涼しい日が恋しい昨今です。

あまりにボウボウだったので、夕方 運動場の草刈りをしました。
130723_4.jpg

130723_5.jpg

夜は、蚊が多いので なかなか屋外作業も出来ません。
今年の夏は、まったく難儀です。


さて、先日お客様から、ドッグショーに出陳してみたいので超ビギナー向けに何かアドバイスを・・・
と、ご連絡を戴きましたので 本当に超初心者向けに分かることを ちょっと書いてみます。

130723_1.jpg

ドッグショーって何???ってことから。

まずは、ジャパン・ケネル・クラブ(JKC)のホームページをご覧ください。
 ↓ ↓ ↓

http://www.jkc.or.jp/modules/events/index.php?content_id=418

簡単に超初心者に分かるように説明します。

私は、日本のJKC会員ですので、JKCについて説明します。
(他にもドッグショーを開催している団体がありますが、詳しくないので割愛します。また、訓練やアジリティーも詳しくないので、悪しからず)

最初にオーナーハンドラーでホームページを開いてらっしゃる『ラムの世界』さんの『ドッグショー』が、分り易く説明されていますので、一読してください。
 ↓ ↓ ↓
http://www1.cnc.jp/sary/show31j.htm

私は、ドッグショーが好きで好きで(苦笑)長男が生まれるまでは、近場のショーに出まくっていました。
チベタンスパニエルは、6年間で5回の年間ペディグリーアワード賞を受賞しました。
ブルマスティフではチベタン以上に多くの年間日本一の賞をもらっています。

最近は、人間の子育てもあってショーは、顔見世程度に大きなショーに出陳する程度になっていますが、根が好きなので、また復帰するでしょう。

ドッグショーに愛犬を出陳(ショーに参加)するには、特別な制限はありません。

■参加資格(犬)
・JKCの会員の犬であること。
・JKCの正しい血統書を持つ犬であること。
・去勢、避妊手術をしていないこと。
・JKCの犬種標準書(スタンダード)を読んで出陳しようとしている犬が『犬種の失格事項』に抵触していないこと。
・咬み癖や無駄吠え、病気など、他の出陳犬や出陳者に迷惑を掛けない犬であること。

・・・くらいです。
つまり、ほとんどの純血種が参加出来ると言うことです。


■ハンドラーとしての参加資格
・JKCの会員であること。
・愛犬の場合はJKCの会員の家族ならOK。

・・・これも、誰でも愛犬のオーナーハンドラーとして愛犬とともにリングで審査を受けることが可能ですね。


ここまでは、キチンとした純血種の販売店やブリーダー、繁殖者から購入すれば まず問題ありません。
出したければ、ドッグショーの敷居はとても低く設定されています。


さて、せっかく愛犬をドッグショーに出陳するのですから、出来れば高い評価を得たいですよね。
実は、これが難問なんです。

ドッグショーの結果を見てください。
ベストインショー(BIS)を獲得している犬の大半が、プロフェッショナル・ハンドラーであることがお分かり頂けると思います。

まぐれでも、犬、ハンドラーともにデビュー戦でBISを獲得できた犬を私は日本で聞いたことがありません。


早い話、ドッグショーで一刻も早くチャンピオンにしたいのなら、以下の方法が一番です。

1)犬種の専門繁殖家から、ソコソコの犬を購入する。(ソコソコで良いです。笑)・・・あっ!私の言う、ソコソコと他のブリーダーが言うソコソコでは、大きく解釈が異なる場合があります。

2)生後7ヶ月からプロのハンドラーに預けて、ショーに出しまくってもらう。できれば有名なハンドラーが良いでしょう。ホームページで検索すれば即 分かります。

3)金を惜しまず注ぎ込む(爆笑)

これが、最短で確実でしょう。

私は絶対嫌ですけど、それが日本のドッグショーでの現実でしょう。面白くもなんともないっ!

では、頑張ってください!!! がっはっは~~~~

ここで終われないでしょう???

じゃぁ、オーナーハンドラーで、真面目に趣味として愛犬とドッグショーに取り組んでみたい!という方の為に次回から私も真面目に書いていきましょう。

130723_1.jpg

130723_2.jpg

130723_3.jpg

オーナー・ハンドラーでも、うちの息子の自転車くらいの努力は必要ですよ(笑)
130723_6.jpg



面白そう、やってみようかな?と思ったら次回からも読んでくださいね。
暑いので、一度に全部書く元気がありませんので ごめんなさい。。。。

では・・・

このブログは『犬ブログ村のランキング』に参加しています。
   ↓ のどちらかのバナーにポチッと応援クリックを頂けると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ブルマスティフへ
にほんブログ村

●子犬オーナー様の予約を募集を致してます。
子犬の値段や手続き等は、お気軽に末尾の連絡先までお問合せください。

●まもなく交配予定です!!!

犬生体の繁殖目的や販売関係者、反社会的団体及び関係者、未成年者の単独飼育など私の判断で当犬舎のブルマスティフのオーナー様にふさわしくない、または飼育は無理と判断したお客様には勝手ながら当犬舎のブルマスはお譲りできません。
また、犬の通信販売は当犬舎では基本的に行っておりません

他犬舎様のブルマスティフの子犬と迷っていらっしゃる方は、どうか他犬舎様でお買い求めください。
当犬舎のブルマスティフは、当犬舎のブルマスティフに賭ける情熱と繁殖方針をご理解頂いている方にお譲りしたいと考えています。

恐れ入りますが、メールには送信者様のお名前、簡単なご住所、電話番号を必ず記載願います。個人情報は他に出しません。命ある動物ですので無理に犬を勧める事も一切しませんので ご協力をお願い致します。
大型犬が初めての方でも安心して愛育出来ますように犬の生涯を通じてフォローをさせて頂きます。

お問い合わせは・・・
TEL 090-1298-8181 森下 (電話でのご連絡はこの携帯番号にお願いします)
です。

ホームページは こちらをクリックしてください・・・
 ↓ ↓ ↓

CORNICHE BULLMASTIFFS

共通テーマ:ペット

心の熱い戦いは観客を魅了する。 [ブルマスティフ ショードッグへの道]

2011年11月19日(土) 雨

今日は あいにくの雨だったが、プロ野球 日本シリーズの中日ドラゴンズvs福岡ソフトバンクホエールズの第6戦は素晴らしい試合で天気の憂鬱を吹き飛ばしてくれた。

結果は中日の2対1の勝利で、シリーズ対戦成績を3勝3敗として明日の第7戦(最終戦)まで日本一を賭けた勝負の行方はお預けとなったが、得点結果ではなく試合内容は手に汗握る展開でテレビに釘付けとなった。

選手たち現場が、こんな試合をして視聴率が云々という上層部は???である。
もっと営業活動と野球の観戦の仕方を勉強してファンの皆様にアピールしなさい!

圧巻は、8回裏2アウトで中日先発の吉見投手を岩瀬投手にリリーフした場面であった。
得点は2対1と最少得点差。
ランナーを背負って、ピッチャー交代。

今までのセオリー通りで行けば、浅尾→岩瀬 と継ぐのが定石であるが、ピッチャー交代はベテランの抑えのエースである岩瀬が先にコールされた。
私は、岩瀬投手の大のファンであるが この場面での登板は心中察するに余りある。
おそらく並みの投手なら、心臓が口から飛び出るほどの緊張で腕を振るどころではないだろう。
高校野球なら、甲子園でもこのような場面で相手に大量得点を許す例はいくらでもある。
こんな時にマウンドを任せられるタフな投手がいるということは中日の最大の強みである。
『アイツなら守って当然!』の他に『アイツで負けたら仕方がない』とチーム全員、そして観客全員を納得させられる投手はプロ野球広しと言えども極くわずかであろう。

プロとは言っても同じ人間。
負けたらお終いの試合で絶対がない勝負をするほど怖いことはないはずだ。
勝って当たり前、負けたら勝負の全責任を被せられそうな場面である。

結果は抑えきって、9回2アウトで浅尾に任せて辛うじて逃げ切った形だが、浅尾→岩瀬ではなく 岩瀬→浅尾と並べた落合監督の采配は拍手ものであった。
名監督でも この場面でこの采配が出来る人物は少ないだろう。
試合後の監督インタビューで落合監督は『負けられない勝負で、浅尾、岩瀬の順番はこれがベストと選択した』という内容のコメントをしたが、確かにこれが理論的にはベストに違いなかったと私も思う。
ただ・・・選手の心を確りと掴んでなければ出来ないだろうな・・・・・・と思う。

テレビ桟敷で岡目八目で観戦していた私だが、血圧に悪い試合だった。
勝負は点数の結果だけではない。
内容の濃い真剣勝負は、観客を魅了する。

ドッグショーでも運が良ければこのような熱い勝負を観ることが出来る。
観客席で よく見ていればすぐに判る。
適当にハンドリングしているもの。
勝って当然と余裕で走っているもの。(そして時々ズッコケる・笑)
勝たなければならない使命に燃えて死に物狂いでハンドリングしているもの。

ハンドラーの背中から湧き出るオーラは、観客はもちろんとして 審査員の心までも揺さぶる。
出来レースかいな?という結果ばかりがインターネットでも取り上げられるが、真剣勝負も多く存在している。

もちろん、ブルマスティフの審査に出来レースは無い。
来月18日のFCI東京インターナショナルドッグショーでは年末ということもあって、年間最多勝やペディグリーアワード賞などの年間のタイトル争いの実質の最終戦である。

勝敗結果だけでなく、プロセスにおける真剣勝負の熱戦がたくさん見られるであろう。
ハンドラーたちは、今日の岩瀬投手のようなギリギリの精神状態で戦うものも少なくない。

12月18日は東京ビッグサイトで数々の感動の場面を見られることだろう。

ドッグショーでは、ベスト・イン・ショー(BIS)やグループ戦が取り上げられるが、私はベスト・オブ・ブリード(BOB=犬種別オスメス各第1席)こそが、ブリーダーにとって最高の名誉であると思っている。

BOBで始まってBOBで終わる。BOBはドッグショーの予選ではない。
むしろ その上のグループ戦以上は、ドッグショーの『ショーの部分』であるとも言える。
第1戦であるBOB戦こそ、本当に油断の出来ない厳しい戦いが繰り広げられているものであることを皆様にお伝えしたい。

では・・・

*ブログを読まれた方は↓のどちらかのバナーをポチっと応援クリックお願い致します。

今日も私の身勝手ブログにお付き合い頂き、ありがとうございます。
「犬ブログ村」ランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ブルマスティフへ
にほんブログ村

*ブルマスティフ『ブルーベル』×アパッチ(♂)と『アーチウェイ』×ウィロー(♂)のW出産で 素晴らしい子犬たちが誕生しました。
●ただいま子犬たちのオーナー様を募集致してます。
販売可能な子犬とお値段等は、お気軽に末尾の連絡先までお問合せください。
ワクチン2回接種完了していますので、即日お引渡可能です。
犬生体繁殖販売関係者、反社会的団体及び関係者、未成年など私の判断でブルマスのオーナー様にふさわしくない、または飼育は無理と判断したお客様には勝手ながら当犬舎のブルマスはお譲りできません。
また、ネットだけでの通信販売は基本的に行っておりません。
(ご家族の介護等の事情等でどうしても来舎出来ない特別な事情のある方はご相談ください)

当犬舎販売可能犬の詳細、価格などはメールか電話でお尋ねください。
(恐れ入りますが、メールには送信者様のお名前、簡単なご住所、電話番号を必ず記載願います。個人情報は他に出しません。無理に犬を勧める事もしませんので ご協力をお願い致します)
大型犬が初めての方でも安心して愛育出来ますように犬の生涯を通じてフォローをさせて頂きます。

お問い合わせは・・・
TEL 090-1298-8181 森下 (電話でのご連絡はこの携帯番号にお願いします)
メール info@bullmastiff.jp
です。

ホームページは こちらをクリックしてください・・・
 ↓ ↓ ↓

CORNICHE BULLMASTIFFS

共通テーマ:ペット

ブルマスティフ TOMがドッグショー挑戦しますよ(笑) [ブルマスティフ ショードッグへの道]

2011年9月22日(木) 晴れ 時々 曇り

やっぱり天気の良い日は最高の気分ですね。
110922_1.jpg
台風の戻しの風が多少強いものの この風も気持ち良く気分のサッパリした一日でした。
お天気屋さんの我が身の体調に取りましては、快晴=快調です[わーい(嬉しい顔)]

放牧されたブルマスたちも すこぶる機嫌がよろしい[ハートたち(複数ハート)]
110922_2.jpg

青い空、白い雲・・・台風で洗われた清涼な空気の屋外は天国のようです。
110922_3.jpg

『セターのアビー君 一緒に遊ぼうよ!』
『ぼくは、のんびり草の上で空を眺めていたいんだよぉ』
『それぞれの過ごし方で良いのだから無理に誘わないの!MACHIKOさん[手(パー)]
110922_4.jpg

MACHIKOは例によってストレス解消にパドックを走り回り、アビーはゆるゆると草食系に走っています。
110922_8.jpg
数日間、みんな屋内待機だったんだから今日はゆっくり自由に遊んでくださいな。

子犬たちも各々気持ち良く外気浴です。
110922_6.jpg

成犬が終わってから皆でパドックで遊ぼうね。
110922_7.jpg


こちらは、産後の肥立ちも良く すっかり調子を取り戻して 気力充実のアーチウェイ母さん。
110922_5.jpg


このアーチウェイと おなじみのWillow君の間に生まれた子犬たちの中の1頭のFALCON君、愛称(コールネーム)TOMをせっかくですから私たちの手元に残すことにしました。
(犬舎が満床なので、どこに部屋を確保しようか思案しています)
次世代の当犬舎の看板犬にしたいと思い、これから教育してドッグショーに挑戦させてチャンピオン・タイトルを狙いたいと思います。

私は犬質にはビシバシ拘りますが、時間も手間も掛かるので タイトルに執着するのは最近は止めたのですが・・・
他犬舎様のブルマスも最近ドッグショーに出陳されている様子なので、そぞろ虫が騒ぎだして 参加してみたくなりました[わーい(嬉しい顔)]
どうせなら、仕上がった成犬よりも 私がハナタレ子犬を どうショードッグに仕上げていくかを見て笑って頂ければ企画として面白いでしょ?
私たちの犬舎のブルマスを遠方の皆様にもお披露目できて ご評価頂ける機会が増えますしね。
皆様も子犬の時からブログで写真等をご覧いただいているブルマスの方が応援するにも親しみが持てると思いますがいかがでしょうか?

さて、どこまで通用するか私がJKCチャンピオン完成まで皆様にこのブログで実況中継したいと思います。
ハンドラーは基本的に私です。いわゆるブリーダー・ハンドラー、ブリハンでありオーナー・ハンドラー、オナハンで これからショー・マナーを入れて手入れして東海圏(東京~大阪)のドッグショーを回りたいと思います。

と、申しましても 当のTOMは まだ生後8週間。
正直、まだ海の物とも山の物ともつかぬパピーですので、どのように育てて行こうかと考えてます。
私はショードッグは常々、素材3割未満、あとの7割以上は育て方と申しておりますので その言葉を皆様に公開で実践したいと思います(笑)
ショードッグは一夜にしてならず。ショードッグは生まれながらにして生まれながらに非ず。です。

オスでもメスでも良かったのですが、不妊手術を施した犬はショーのエントリー資格がありませんので、発情期にドッグショーをお休みしなくても良いオスの子犬を今回は選んでみました。
(せっかくショーエントリーしたなら、ショー会場で皆様にお会いしてご挨拶させて頂きたいからです)

ベビークラス(生後4か月1日)から、ショー出陳可能ですので 呑み込みが早ければ新年からショーのスタートが出来るかも知れません。
一般のチャンピオン・チャレンジ(チャンピオン・シップ・ショー)は生後9か月1日からですので、来秋からになります。

長期に渡るプロジェクトですが、ドッグショーに興味がある皆様とともに日頃の私の練習方法や私なりの犬の作り方を覗いて頂き、TOMを応援して頂ければとても嬉しく存じます。

私のショードッグの作り方が最適かどうかは分かりませんが、今までどおりの方法で原石の子犬を根気良くシコシコ磨いてみたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

また、私は犬の適性がドッグショーに合わないなと判断したなら、ショーの練習の途中でもショーに向かってのチャレンジを即座に中止します。
例えば、性格が大人しすぎてペットには最適の性格でもショーでは萎縮してしまうなど・・・
これらの原因の大部分は犬の責任ではありません。

人間でも、『私を見て[揺れるハート]』『どう?俺ってすごいだろ[手(チョキ)]』という性格の方ばかりではないですよね。

物静かで あまり人前が得意でなかったり、普段は優秀でもテストになると頭真っ白で散々な結果ばかりと言う方もたくさんいらっしゃることと思います。
その方たちは、決して他人より劣っている訳ではありませんよね。個性ってもんです。

犬も同じで適性があります。
ある程度は、慣れで克服できるものではあるものの、ここ一番の踏ん張りは持って生まれたものがあります。

私は、ドッグショー大好き犬に育て上げるつもりですが、意に反してドッグショー嫌いな犬を無理に人前に出して大切な犬に苦痛を与えたくありませんので、ショー嫌いと判断したらTOMはそこでショーチャレンジは終了です。

万一、成長期に睾丸が2つとも降りて来ずに片睾丸や陰睾丸だった場合など、身体的な欠陥が見られた場合も同様です。(パピーだから、まだこの辺は分かりません・・・)
ですが、(ここは声を大にして言いたいのですが)もしそれでショーチャレンジ終了となってもTOMの家庭犬や私の相棒としての価値には何ら変化はありません。
犬舎の看板犬にはなれませんがね[もうやだ~(悲しい顔)]

どうなるか結果は結果ですが、面白い企画ですので長丁場ですがお付き合い戴ければ幸いです。

では、きょうのTOMです。
まずは、誰でも最初に行うリードに慣らせるところからスタートです。
千里の道も一歩から、先は長いが頑張ろう!
■YouTube■
TOMのショードッグへの道

ま・・・こんな程度からのスタートですな(大笑い)

では・・・

*ブログを読まれた方は↓のどちらかのバナーをポチっと応援クリックお願い致します。

今日も私の身勝手ブログにお付き合い頂き、ありがとうございます。
「犬ブログ村」ランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ブルマスティフへ
にほんブログ村
クリックして頂いた清き1票は「ブルマスティフ」と「超大型犬」の2つのカテゴリーに分散反映されます。

*ブルマスティフ『ブルーベル』×アパッチ(♂)と『アーチウェイ』×ウィロー(♂)のW出産で 素晴らしい子犬たちが誕生しました。
予約は随時承っております。

当犬舎販売可能犬の詳細、価格などはメールか電話でお尋ねください。
(恐れ入りますが、只今問合せのメールが多くなっています。メールには送信者様のお名前、ご住所、電話番号を必ず記載願います。個人情報は他に出しません。無理に犬を勧める事もしませんので ご協力をお願い致します)
大型犬が初めての方でも安心して愛育出来ますように犬の生涯を通じてフォローをさせて頂きます。

お問い合わせは・・・
TEL 090-1298-8181 森下 (電話でのご連絡はこの携帯番号にお願いします)
メール info@bullmastiff.jp
です。

ホームページは こちらをクリックしてください・・・
 ↓ ↓ ↓

CORNICHE BULLMASTIFFS


共通テーマ:ペット
ブルマスティフ ショードッグへの道 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。